【大学入試に出る時事英語トピック】Science & Technology(科学・技術)

【VOA de 試験に出る時事英語】New Research Shows How Early Humans Lived Before Agriculture <農業が発達する前の初期の人類の生活に関する新たな研究>

New Research Shows How Early Humans Lived Before Agriculture (voanews.com)

New Research Shows How Early Humans Lived Before Agriculture


A recent study shows that people who lived in caves in North Africa had already started to add a lot of plants to their diet about 15,000 years ago.

The researchers examined the remains of a group of people found in a cave near Taforalt in northeastern Morocco. The people were part of the Iberomaurusian culture, which lived in what is now Morocco and Libya from 25,000 to 11,000 years ago. Tests showed the remains were about 15,000 years old. Examinations of teeth and bones showed that the people ate meat from animals called Barbary sheep. But they also ate wild plants such as beans, oats, pine nuts, pistachios and sweet acorns.

Zineb Moubtahij is a doctoral student in archaeology at the Max Planck Institute for Evolutionary Anthropology in Germany.

Before this research, Moubtahij said, most scientists believed people from this time mostly ate meat. “However, the evidence from Taforalt demonstrates that plants constituted a big part of the hunter-gatherers’ menu,” Moubtahij added.

Klervia Jaouen of the French research organization CNRS co-wrote the study. Jaouen said the study “suggests that possibly several populations in the world already started to include substantial amounts of plants in their diet.” The group of 13 international researchers published its findings in Nature Ecology and Evolution.

The researchers noted the people from that time were dependent on wild plants. Agriculture had not been developed yet. They did, however, harvest wild plants in season and store extra amounts to eat later if food was not easily available.

The researchers said the evidence of food storage means the people used the cave for large parts of the year. They did not walk long distances in search of food.

Moubtahij said the researchers did not find evidence of seafood in the diets of the cave-dwellers. But they did find that babies among the group began to eat plants sooner than scientists first thought.

The remains found in the cave included those of two babies. The researchers studied the baby teeth and found the children were offered plants to eat at about 12 months. They were fully weaned from breastmilk earlier than researchers thought.

Researchers believe North Africa is an important area for study because it was the last stop before modern humans traveled out of Africa and into other parts of the world.

【日本語訳】

農業が発達する前の初期の人類の生活に関する新たな研究

最近の研究によると、北アフリカの洞窟に住んでいた人々は、約15,000年前にはすでに植物を多く食事に取り入れ始めていたことが明らかになった。

研究者たちは、モロッコ北東部のタフォラルト近くの洞窟で発見された一団の人々の遺骸を調べた。彼らは、現在のモロッコとリビアに25,000年前から11,000年前まで住んでいたイベロマウルス文化の一部だった。検査の結果、遺骸は約15,000年前のものであることが判明した。歯と骨の調査から、彼らはバーバリーシープと呼ばれる動物の肉を食べていたことがわかった。しかし、豆、オーツ麦、松の実、ピスタチオ、甘いドングリなどの野生植物も食べていた。

ジネブ・ムブタヒジ氏はドイツのマックス・プランク進化人類学研究所の考古学博士課程の学生である。

ムブタヒジ氏は、この研究以前は、ほとんどの科学者がこの時代の人々は主に肉を食べていたと考えていたと述べた。「しかし、タフォラルトの証拠は、植物が狩猟採集民の食事の大部分を占めていたことを示している」とムブタヒジ氏は付け加えた。

フランス国立科学研究センター(CNRS)のクレルビア・ジャウエン氏は、この研究の共同執筆者である。ジャウエン氏は、この研究が「世界の複数の集団がすでに植物を多く食事に取り入れ始めていた可能性を示唆している」と述べた。13人の国際的な研究者のグループが、「Nature Ecology and Evolution」誌にその調査結果を発表した。

研究者たちは、当時の人々は野生植物に依存していたことを指摘した。農業はまだ発達していなかった。しかし、彼らは野生植物を旬に収穫し、食料が簡単に入手できない場合に備えて余分な量を保存していた。

研究者たちは、食料貯蔵の証拠は、人々が年の大部分を洞窟で過ごしていたことを意味すると述べた。彼らは食料を求めて長距離を歩いたりはしなかった。

ムブタヒジ氏は、研究者たちが洞窟居住者の食生活に海産物の証拠を見つけなかったと述べた。しかし、グループの中の赤ちゃんが、科学者たちが最初に考えていたよりも早く植物を食べ始めたことがわかった。

洞窟で発見された遺骸には、2人の赤ちゃんの遺骸も含まれていた。研究者たちは赤ちゃんの歯を調べ、生後約12ヶ月で植物を与えられていたことを発見した。母乳からの離乳は、研究者たちが考えていたよりも早かった。

研究者たちは、北アフリカが現代人がアフリカから出て世界の他の地域に移動する前の最後の停留所だったため、研究にとって重要な地域だと考えている。

単語・熟語チェック

・agriculture 農業
・diet 食事、食生活
・remain 遺骸、残骸
・constitute ~を構成する
・substantial かなりの、多量の
・harvest 収穫する
・store 蓄える、貯蔵する
・available 入手できる
・evidence 証拠
・breastmilk 母乳
・wean 乳離れさせる
・modern 現代の
・cave 洞窟
・archaeology 考古学
・menu メニュー、献立
・dweller 居住者
・weaned 乳離れした

単語解説

・agriculture(農業)
⇒ agri(耕地、農地)+ culture(耕作、栽培)が語源。civilizationと同様、「耕す、育てる」という意味のラテン語のcolereを由来とする。

・remain(遺骸、残骸)
⇒ 「残る、とどまる」が本来の意味だが、ここでは「遺骸、残骸」の意味で使われている。re(再び、後に)+ main(とどまる)が語源。

・constitute(~を構成する)
⇒ con(共に)+ statute(法令)が語源。「法令によって設置する」という意味が「構成する」へと変化した。

・substantial(かなりの、多量の)
⇒ sub(下に)+ stant(立つ)+ ial(~に関する)が語源。「下支えするほどの量がある」という意味合いから転じた。

・wean(乳離れさせる)
⇒ 古英語のwenianが語源で、「慣れさせる、親しませる」という意味だった。「母乳から離れさせ、他の食べ物に慣れさせる」という意味に特化した。

・cave(洞窟)
⇒ ラテン語のcavusが語源で、「空洞、くぼみ」という意味。自然にできた地下の空間を指す。

・archaeology(考古学)
⇒ archae(古代の)+ logy(~学)が語源。古代の人類の生活を研究する学問分野。

・menu(メニュー、献立)
⇒ フランス語のmenuが語源で、「詳細な、項目別の」という意味の形容詞から転じた。料理の一覧表を指す。

・dweller(居住者)
⇒ dwell(住む)+ er(~する人)が語源。ある場所に住む人を表す。

・weaned(乳離れした)
⇒ wean(乳離れさせる)の過去分詞形。母乳以外の食べ物を与えられるようになった状態を指す。

原ちゃんチェック

この研究は、とても興味深い発見をしたと思います。今から約15,000年前、北アフリカの洞窟に住んでいた人々は、これまで考えられていたよりもずっと多くの植物を食べていたことがわかったのです。当時はまだ農業が発達していなかったので、彼らは野生の植物を一生懸命採集して食べていたのでしょう。

また、食料を貯蔵していた証拠も見つかりました。これは、彼らが洞窟を生活の拠点にしていて、食べ物を求めてあちこち移動していなかったことを示唆しています。植物を中心に食べるようになると、狩りのために遠くまで行く必要がなくなります。そのため、彼らは狩猟採集生活から徐々に定住生活へと移行していったのかもしれません。

さらに、赤ちゃんの歯を調べたところ、生後1歳頃には既に植物を与えられ、比較的早い段階で母乳離れしていたことも明らかになりました。動物性の食べ物より植物性の食べ物の方が柔らかくて食べやすいので、赤ちゃんの離乳食として適していたのでしょう。

この研究は、農業が始まる前の人類がどのような食生活を送り、どのような生活様式だったのかを知るための重要な手がかりになると思います。北アフリカは、現生人類がアフリカからユーラシア大陸へと移動する際の中継地点だったと考えられています。彼らがどんな暮らしをしていたのかを知ることは、人類の進化や文明の発展を理解する上でとても重要な意味を持つのです。

この研究をきっかけに、古代の人々の生活にもっと興味を持つ人が増えると良いですね。私たちの祖先がどのように生きていたのかを知ることは、現代を生きる私たちにとっても意義深いことだと思います。